全日本仏教青年会 新制40周年記念事業 開催御礼
謹啓

新緑の候 皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、全日本仏教青年会(以下、全日仏青)は、新制40周年記念事業として、宮城県仙台市におきまして、平成29年3月9日~12日に世界仏教徒青年連盟[WFBY:World Fellowship of Buddhist Youth]主催の「国際仏教青年交換プログラム2017、East Asia International Buddhist Youth Exchange」を全日仏青が主管として、また3月10日には仙台国際センターにて「全日本仏教青年会全国大会」を、3月11日には仙台市日蓮宗本山孝勝寺さまにて「全日本仏教青年会東日本大震災七回忌法要」を開催いたしました。

これら3事業には、私たち13の各加盟団体の呼びかけに応じて、宗派や国籍を超え、約300名の僧侶、一般参拝者約150名、海外からの参加者約100名(三事業参加ののべ人数)が駆けつけてくださいました。

また4月26日には、奈良市華厳宗大本山東大寺様におきまして「全日本仏教青年会仏法興隆花まつり千僧法要 ―慈悲の実践、世界平和の祈り―」を、約500名の有志僧侶と、一般参拝者150名のもと無事円成することができ、法要終了後には奈良日航ホテルにて、全日本仏教青年会新制40周年記念式典を開き、多くのご来賓や関係諸大徳150名のご祝意とご光臨をいただきながら、当会のこれまでの歴史への学びとこれからへの希望を和やかに共有いたしました。

これをもちまして、私ども第20期全日本仏教青年会が、新制40周年記念事業として企画したすべての事業を完了する事ができました。

これらは、全日本仏教会、各宗派、各ご本山、全日仏青各加盟団体、世界仏教徒連盟、世界仏教徒青年連盟を始めとする国内外の関係諸団体、諸大徳、全日仏青役職者、各会員、皆様のご協力の賜物と、心より感謝いたしております。

私たちはこの2年間、会員の皆様とともに、広い視点から社会と関わり続ける日本仏教の「慈悲の実践」を活動テーマとして活動を行い、国内外へと発信することができました。

これらの事業を勤めることができましたのも、ひとえに皆様のお力添えによるものと、あらためて深甚なる感謝を重ねて申し上げます。

今後とも全日仏青に対しまして、皆さまのご教導とご協力を賜りますよう懇請申し上げ、略儀ながら寸楮をもって御礼申し上げます。

平成29年4月27日
第20期全日本仏教青年会理事長
東海林良昌

TOPICS/更新情報

2017.05.08
2017.03.29
2017.03.24